苦手な読書感想文の克服STEP

2018.08.08 Wednesday 20:02
0
    8月に入り、夏の真只中
    子どもたちは 夏休みに入り、
    外の風景が 平日でも子供たちを見かけるようになりますが、
    子どものころの夏休みといえば
    宿題で 読書感想文ってありましたよね。

     


    得意な方は いらっしゃいますでしょうか?
    わたしは、毎年頭が痛く
    最後まで手が付けれなく、残っていました
    その読書感想文で興味深い記事を‼

     

    この感想文の宿題って皆さんご安心を、
    東大生でも
    ほぼ100%近く嫌な宿題になるらしいです

     

    "しかしながら、この作業は非常に学習効果が
    高く、将来に役立つ”と 東大生が断言
    本を出版されています

     


     

    それは、感想文を書く
    「アウトプット作業」がポイント

     

    人間の脳は読書で アウトプットした記憶は
    本の内容を忘れにくくします。

     

    本を読んでも
    単に「良かった」「へえ、そうなんだ」の一言で
    終わってしまうことを
    インプットしたことで頭で整理して 言語化し、
    感想をアウトプットする

     

    ”めんどくさそう、難しそう〜〜”
    とか呟いていませんか?
    確かに!
    でも 一度手を付け始めると意外なもんで
    周囲の方にも 自分にも影響、脳トレにもなります

     

    3ステップを
    ご紹介しますので、この酷暑の夏休み、お盆休み
    冷房の中でゴロゴロも少しはいいですが、
    頭を柔らかくしてみるのも いいかも

     

    SNSでアプトプットするところは
    沢山ありますよ!

     


    STEP1.自分が一番気になったところ、面白かったところを
    (印象に残ったところ)を1カ所抜き出す
    STEP2. 本の表紙、帯にどんな本が簡潔に書かれたところを
    読み STEP1で抜き出した部分はどういう役割になるか確認する
    STEP3. どういうふうに面白かったか、感想を自分の立場を
    意識して書いてみる

     


    「自分の立場」とは、たとえば登場人物の激昂に対して、
    自分は全く激昂などするタイプではないため
    この突然の怒りに理解できない 驚きなど

     

    いかがですが?
    教室でも記憶力、想起トレーニングでアウトプットしています
    興味のある方は、
    http://www.stc-horie.com へどうぞ
    category:- | by:Magiccomments(0) | -